それはまるで儚い夢のように

拗らせヅカヲタの戯言

星組『阿弖流為』③

あ〜〜阿弖流為観たい。

阿弖流為観たい。阿弖流為観たい…。

 

阿弖流為が観たすぎて(もう観れないんですけどね…)若干禁断症状に陥っておりますなつんです。DVD発売早よ。

もう明日は青年館の初日ということで、始まる前になんとか感想を書き終わりたい!と思いましてこうして第三弾を綴っております。何書こうかな〜って考えてたのだけど、本当に書きたいことが多すぎてまとまる気がしない。しかしそれを全部書いていたら今日中にブログを書き終わる気もしない。ということでなるべく簡潔に、うん、書けるように頑張ります…。

 

 

前置きが長くなった。早速蝦夷軍から!

 

蝦夷

*鮮麻呂/壱城あずさ

原作では、名前は頻繁に出てくるけれど実際には登場しない鮮麻呂。蝦夷と朝廷との戦いのきっかけを作ったとても重要な人物で、しーらんがどのように演じるのかとても楽しみでした。

初日を観劇して本当に驚いた。素晴らしかった。しーらんがこんなに抑えた演技が上手いとは。鮮麻呂に泣かされました。

絶命の場面は本当に迫力が凄かった。その命が絶えても蝦夷たちの心の支えとなり続けた鮮麻呂。そんな蝦夷たちにとって本当に大きな大きな存在である鮮麻呂をしーらんはとても上手く表現していた。阿弖流為に向ける目がとても優しかったのが印象的だなあ。あと1幕冒頭から涙を浮かべていて、この鮮麻呂という人物を本当に命を懸けて演じているのだと伝わってきた。素晴らしかったです。

 

*飛良手/天華えま

飛良手、大っ好きです!!!飛良手のビジュアルも神だと思う…。

グレてる飛良手も改心した後の真っ直ぐすぎる飛良手もどちらも大好き。グレてる時と改心した後の声の表情が全然違って、それが凄く良かった。ぴーすけは観るたびに凄く良くなってて千秋楽は本当に素晴らしかったし、あとぴーすけさん2幕の途中からずっと号泣してて、ぴーすけの涙を見てさらにやられた…。田村麻呂に降伏する時にぴーすけは誰よりも頭を下げていて、本当に床にのめり込むんじゃないかと思うくらいだったのだけど、飛良手はそうするよな、って思って…。ダメでした。飛良手ーーー( ;  ; )

あと田村麻呂との一対一の場面も本当に泣ける。飛良手のあの何の悔いもない清々しい笑顔と、田村麻呂の言葉に対する「はい」という返事、本当に駄目ですね、、、泣くしかない。

あと凄くマニアックなポイントですが、胆沢の里での長たちの会合の時に、滝名が「諸絞様がお越しです」って言ったあと「お入りいただけ」って答える飛良手(夫)が凄く好きです!!!夫婦、、!!ってなる、ときめきポイント。あとあと阿弖流為が先頭に立って戦っていたのを母礼に報告しなくて怒られてる飛良手も可愛くて好き。飛良手めっちゃ好き!

 

*伊佐西古/ひろ香祐

伊佐西古はヒーローにしか出来ない!それくらい本当にピッタリだったし、阿弖流為の幼馴染でずっと近くにいる伊佐西古がヒーローで本当に嬉しかった。伊佐西古のあたたかくて少しお調子者で、周りの人を和ませる感じ、ヒーローーだから出せる魅力だよなあと思うし、本当に伊佐西古素敵だった。

阿弖流為に想いをぶつけるところが本当に泣ける。同期ならではの迫力ある場面だったなあ。

 

*諸絞/音咲いつき

いーちゃんの男役が大好きで、男役最後がこの諸絞という役で本当に良かったなと。諸絞、格好良すぎました。

いーちゃんも身体能力が高いので、こっちゃんとの一対一での立ち回りは凄く息ぴったりで迫力があった。あと一番好きな場面は御園との立ち回りなのだけど、もう本当にその場面は登場の仕方といい、台詞といい、諸絞に号泣すること間違いなしですよね…。

本当に諸絞がいーちゃんで良かった。本当にかっこよかった。

 

 *阿奴志古/天飛華音

えーっと、本当に研2ですか?

あの堂々とした立ち姿、男役の声もしっかり出ているし、研2とは思えない…。身長も高いし凄く目立つよね。フィナーレでセンターから登場してソロを歌う場面があったのは本当に驚いたけれど、堂々としていてすごかったなあ。

今後本公演でも活躍しそうだし楽しみ!

 

*多久麻/天路そら

あまじぃ!滅茶苦茶かっこよかった!

多久麻は原作でも凄く好きなキャラクターだったのだけど、あまじぃの多久麻最高だった。声がいいよねあまじぃ。落ち着いていて冷静な多久麻がすごく合っていたし、ひとつひとつの動作が素敵だったなぁ。あまじぃ。(言いたいだけ)

 

*菟穂名/天彩峰里

あ〜じゅりちゃん。可愛いねえじゅりちゃん!

少年役が板につきすぎていたし、声も潰したの?って思うくらいだった。もうこの菟穂名に泣かされるんですよね。じゅりちゃんほんと上手いわ。阿弖流為と菟穂名の絡みは可愛いの極みだし、佳奈を守ろうとする菟穂名は滅茶苦茶かっこいいし、なんかもう菟穂名が愛おしすぎて、つらいです。余談だけど今「極み」って打とうとしたのに無意識に「極美」って打っててアッ(^∇^)ってなった。極美くん可愛いよね。100期かわいいね。しんじゅりのうたごころ楽しみですね!(話が飛躍しすぎ)

千秋楽に組替えの話をするじゅりちゃんが可愛くてねえ、、泣いたよ、、、

フィナーレで真ん中でにこーっ!って笑い合ってる菟穂名と星丸がかんわいいので是非観てほしい!もう蝦夷の子どもたち可愛すぎる愛おしすぎる。癒し。

 

 

・朝廷軍

*御園/漣レイラ

かなえちゃんほんっとかっこいい。敵役似合うよね…鈴蘭の時もだったけど…。

御園は原作ではすごく強いのですがそこがあまり描かれていない演出だったのは残念だった。でもね、最後に蝦夷軍の主要メンバー5人?と次々に立ち回りしていく御園がほんっとうにかっこいいんですよ!!クールで強い感じたまらん。。

 

紀古佐美/夏樹れい

ぽんちょやっぱり上手いなあ〜。紀古佐美は原作では結構まともな人だと思ってたのですが、田村麻呂の強さを強調させるためかかなりへっぽこなキャラクターになっててそれはそれでよかった(笑)あの小憎らしい感じ、上手いわあ。めっちゃ小物感溢れているのにソロが上手すぎて同一人物?!ってなった。

 

百済王俊哲/桃堂純

桃ちゃんもほんと芝居巧者だなあと。ひとつひとつの表情とかがほんと腹立つわ〜!って感じだったのだけれど(笑)、自分のことしか考えていない貴族というのがすごく良く伝わってきて、上手いな、と。

あのお化粧が似合いすぎてて笑ったよ、、、

 

*紀広純/輝咲玲央

あの迫力、流石でした。しーらんもナウオンで言ってたけど、もうオーラが凄い。怖い。この人は強いわっていうオーラね。だからこそ鮮麻呂が殺害に成功するとき本当にうわ〜〜!!って興奮するんですけどね…!!

さきっぽ演じる大伴真綱とはどういう関係なんですか???

 

まさかの

紀広純×大伴真綱

ですか????

 

…ええ、大変美味しゅうございます(笑顔)

皆様にも是非注目して観ていただきたいポイント。

 

 

あ〜〜力尽きた。最後の方の適当さ我ながら凄いな(^∇^)

他にも書きたい人いたけれど…うん…もうここで阿弖流為感想は終わりとします!(適当)

 

明日から青年館初日、最後まで怪我なく、全員で突っ走ってください!!

本当に最高の舞台でした。みんな最高だった!!!

星組『阿弖流為』②(母礼についてひたすら語る回)

はい、というわけで阿弖流為感想第2弾、前回はちょっと真面目な感じで語っていたのですが今回はかなりハイテンション気味にお届けしたいと思います!予告しておりました母礼についてひたすら語るだけのブログ、スタートです。

 

*母礼/綾凰華

原作を読んでいちばん好きだった登場人物、母礼。私は基本的に頭の良いキャラを好きになる傾向がありまして、もう軍師なんて大好物なわけですよ。だから母礼とか好きになるしかなかった。だって原作に「途方もなく頭の働くお人」とか「涼しげな目が与える落ち着き」とかいう描写があるんですよ…最高かな…??

 

そして配役、あやなさんって。もうそんなの最高に決まってるじゃん…!!!絶対かっこいいじゃん?!!!最初配役が出た時は原作を読んでいなかったのですが「母礼は2番手にもなれるくらいのかなり大きな役」と聞いていて、あやなさんの大抜擢がすごく嬉しかった。そしてその後原作を読み進めていくうちに「母礼はあやなさんだわ…ピッタリすぎるわ……えっ私死ぬのかな(←重)」って観る前からだいぶ楽しみにしておりました。

そしてその美しきビジュアル(断定)を拝もうと意気揚々と初日にパンフレットを購入し、愕然とする私。

 

えっ、あやなさん母礼の扮装スチールが無い、、、だと、、、?

 

宝塚歌劇団スターシステムを恨んだ。本当に恨んだ。結構なダメージを受けて友人にも即LINEしたしtwitterにも呟いたしわりと泣きそうだった、が、多分これは劇団が出し惜しみしているだけだ、あやなさんの母礼がかっこよすぎるからだとポジティブ変換して(ヲタク脳)、あやなさんのビジュアルを生で観れるのを楽しみに初日に挑みました。

 

言うまでもなく最高でした……

 

まぁ皆さんあやなさん母礼のビジュアルが最高だってことは写真やらスカステやらを見て分かっていると思うし、毎回私の周りの席の方々が母礼の登場シーンでオペラ上げていたことが全てを物語っていると思う(^∇^)私も初日に存分語ったので多くは語りませんが、もう本当に最高に格好良かったですんですよ……神だった……。

 

格好良さ以上に素晴らしいのが、もうあやなさん、母礼そのものなんですよ。

あやなさんの母礼は彼女自身の品の良さが相まってとても佇まいが美しいし、何も言葉を発さずに静かに佇んでいてもとても存在感がある。母礼って多分蝦夷たちにとってそういう人物だったのだろうなと思う。先頭に立って蝦夷たちを引っ張って行くのが阿弖流為ならば、母礼はその策によって皆を後ろで支えて安心させるというか。縁の下の力持ちではないけれど、母礼は蝦夷たちが「母礼の策がある限り俺たちは大丈夫、勝ち続けることが出来る」と思えるくらい安心する存在だったと思うし、本当に大きな存在だったと思うんですね。もちろん策だけではなく、その器の大きさや包容力や人柄も含めて。原作でも「俺は蝦夷全員を子と思っている」というような母礼の台詞があったのですが、まさに母礼は蝦夷全員の親のような存在だったのだと。そして、あやなさんの母礼は確かにそういう人物として舞台に存在していたんです。琴ちゃんより下級生なのにきちんと年上に見えたし、とても包容力があった。いつも冷静に周囲を俯瞰していて、穏やかで、先を見据えている母礼。でもそれだけじゃなくて、あやなさんの母礼はとても熱い心を持っているのだなと思わされた。

 

そのことを特に感じたのは田村麻呂との戦いの場面の前、胆沢の里での長たちの会合の場面。

全員で歌っている時に母礼が1人後ろを向いて皆から離れて天を仰ぎ、涙を堪えるんですね。その母礼の背中に、母礼の心の中で燃えている青い炎を感じる。静かに、でも誰よりも熱く燃えている、母礼の蝦夷としての誇りが痛いくらい伝わってくる。

 

そしてその後の母礼と阿弖流為の2人きりの場面。私が原作を読んでいて絶対これあやなさんに言って欲しいと思っていた台詞、「死ぬ日は同じと決めていた」。もうこの台詞を初日に聞いた時は号泣したよね〜〜は〜〜最高なんだまたこれが。あと阿弖流為に「蝦夷の行く末、子や孫のために死んでくれ」って言われて言う「そんな覚悟とっくに出来ている」ね。最高。大野先生この場面を作ってくださって本当にありがとうございます……!!!!!

この場面のあやなさんのお芝居が本当に素晴らしいんです。舞台ではあまり母礼と阿弖流為の強い絆が築かれていく過程が描かれていなくて、2人がここまでどれほどの苦楽を共にしてきたか、どれほどお互いがお互いを信頼しているかっていうのが少し(いや、かなり?)分かりにくいのですが、あやなさんのこの言葉で母礼と阿弖流為の今までの歴史が鮮やかに物語として見えてくる。本当に説得力のあるお芝居をされるなあといつも思います(といいつつこの場面を観るときは実際そんなことを考えている余裕はなくいつも大号泣してた)

だから千秋楽、この場面の最後に自然と拍手が起きたのはすごく嬉しかったし、それはあやなさんと琴ちゃんの迫真の演技が素晴らしかったからだなと思った。

 

 

母礼の見どころふたつめ。

余裕すぎるニヤリ顔。

あやなさんちょくちょくニヤリ顔するんですね〜ほんとつらいですよネ〜〜軽率に死ぬ。

いちばん観てほしいのは朝廷との最初の戦いの場面。最初に琴ちゃんが弓を放ったあとにあやなさん、一瞬片方の口角上げてニヤリとするんですよ。自分の策に凄く自信を持ってて始まる前から勝ちを確信している顔ですよ……(断定)

・・・自信に満ち溢れる軍師様かっこよすぎる(死)

 

 

母礼の見どころみっつめ。

都での祭りの場面の母礼様のかわいさ

この場面の母礼様はほんっとうに可愛い。まず都人の衣装似合いすぎ、スタイル良すぎかよ…(知ってた速報)伊佐西古と天鈴と上手から登場するのですが、やる気満々踊る気満々超テンション高めの伊佐西古を尻目にかなり呆れ顔の母礼兄さん。でも若干口元緩んでる母礼兄さん、はしゃぐ伊佐西古のことが可愛くて仕方ない様子。でも一応クールに見せたいので「なんでこいつまで付いてきたんだ」とか言う。可愛い。ちなみに千秋楽は伊佐西古につられて若干踊ってました可愛すぎて白目剥いた。

そのあと菟穂名に抱きつかれてるのもお兄さんみ溢れすぎててつらいし、佳奈と阿弖流為が一緒に現れるの見て「へぇ〜〜(ニヤニヤ)」って2人がいい感じなことに気付いてるのも可愛いし、その後ずっとみんなのことを端で見守ってるのもお兄さんみ溢れててつらい(2回目)

とりあえず是非この場面は母礼を見てください最高なので!!!

 

 

母礼の見どころよっつめ。

佳奈に対しての良い兄っぷりが最高。

上でも挙げましたがとにかく母礼はいいお兄ちゃんなんです…。何と言っても阿弖流為と母礼の間に子供が出来たことを知る場面。そのことを聞いた時のあの母礼の優しい表情。心の底から嬉しいと思っていることが伝わる。2人を見つめる優しい瞳、自分には子供がいないから、幸せそうな2人を見て自分のことのように嬉しいんだろうなと。

あと、阿弖流為に「(佳奈を)早いところ胆沢に持っていけ」って言うのも本当に好きだし、その後に佳奈が登場して阿弖流為にお疲れ様、って伝えるのだけど、阿弖流為が照れて「…うん」みたいな気のない返事をしたときの母礼兄さんの表情!!!!「ええ〜そりゃないだろう阿弖流為…本当にあいつは…」って言う心の声が聞こえてきそうな表情。最高なので是非見てください(2回目)

 

 

母礼の見どころいつつめ。

もうこれは母礼の、というかあやなさんの見どころなのですが、フィナーレで真ん中にぎゅーって集まったとき左下にいるあやなさんが死ぬほど可愛いので是非チェックしてほしい。とりあえず可愛かった記録としてツイート貼り付けておきます。

ね???可愛すぎでしょ????

 

 

他にも母礼の見どころは沢山あって、河内の牢の場面も本当にいつもあやなさんの優しすぎる笑顔にいつも泣くし、戦いの場面はいつも格好良いし、ダンスはキレキレだし表情も男気溢れていて最高に熱いし、フィナーレ真ん中で踊るの格好よすぎるし、とにかく皆様に見てほしい。

あやなさんのお芝居って一本筋が通っているなと思います。だからとても1つ1つの言葉や佇まい、行動に説得力があり、最期の場面の一つも悔いがないような清々しい笑顔に落涙する。あやなさんが母礼で良かったし見れて本当に幸せだな、と。あやなさんの星組生としての最後の役が母礼でほんっとうに良かった。こんなに大きな役で扮装スチールが無いのは本当に未だに納得出来ませんが、あやなさんがそんなこと気にならないくらい熱くて素晴らしいお芝居を見せてくれたので、良いかなって。いや良くないけど…。でもそれが全てではないし、観た人の心には絶対強く印象に残っていると思うから。とにかく、本当に素晴らしかったです。

 

 

真面目なテンションになってしまったのですがちょっとまたテンションを戻して(まだ続くのかよ)(すみませんあとちょっとです)、母礼に対する妄想を書きなぐってこの記事を終わりにしますね…

 

観劇2回目に母礼って恋愛経験あるのか?という疑問が突然湧いてきたなつんさん、

母礼って阿弖流為一筋だし恋愛経験無さそうじゃない?女性に迫られてたじたじしてたら可愛いなあ、いやでも頭良くてイケメンだし女性にモテるけど全く興味なくて自分に好意寄せてくる女に対しては超冷たい母礼とかも最高だな…妻や子を持つと守るための策を講じてしまうって原作で言ってたし本気の恋愛をしないように自制してて、相手に自分に好意があるって分かった瞬間にわざと冷たい態度とって嫌われるように仕向けそうだよね、えっ無理しんどい(自爆)

ってなことを延々と考えておりました。(長い)(そして気持ち悪い)

 

で、原作を読み返しました。そしたら母礼様、もっとしんどいことを言ってました

 

 「女なら別に女房でも構わぬ」

 

・・・えっ無理が過ぎるのですが(真顔)

母礼様やっぱり恋愛経験豊富なんですね女いっぱいいるんですね?そりゃそうだよねあんなにイケメンで頭良くて完璧な母礼様だったら女選びたい放題ですよね知ってたーーー!でも予想以上にしんどいーーー!!本気の恋愛はしないと決めてるから向こうが少しでも気のあるそぶり見せてきたら「お前には興味がなくなった」とか言うやつ、、でもそれは自分がもし死んだら彼女に辛い思いをさせてしまうと思っているからで、彼女のためを思って本気の恋愛は自制してるんですよねきっと、、

 

ってこの一連をあやなさんの母礼で想像して死んだ。しんどすぎる。

ねえ、母礼主役でスピンオフ上演しません????結構需要あると思うよ!!!

 

 

ふぅ。すごい前のめりでまくし立ててしまった。落ち着きますね。とりあえずこういう妄想をしてしまうほどにはあやなさんの母礼は最高だったんです……あやなさんが母礼で、良かった…!(←ブ◯ゾンちえみかな?)

 

ひたすら母礼について語ってたら5,000字いってた(^∇^)自重して私(^∇^)でも書いててすっごく楽しかった…

こんな長すぎるブログをここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。まだまだ阿弖流為感想書きたいこといっぱいあるから次からは簡潔に書くことを目標に…!

 

 

母礼について書けて大満足です。あやなさんの母礼、最高でした!!!

星組『阿弖流為』①

ドラマシティの千秋楽が終わってしまって日々阿弖流為ロスと闘っております、なつんです。

 

初日を観た時は原作と比べてしまうところもあって色々物足りなさとかを感じてしまったのだけれど、2回目原作と比べることなく純粋な気持ちで観ると、素晴らしい作品だなと思いました。観るたびにどんどん涙が出るのが早くなっていって、もう千秋楽なんか顔面ぐちゃぐちゃでした。

 

こうして今私が宝塚を好きで、この『阿弖流為』という公演に巡り会えたことが本当に奇跡みたいなことだなと大袈裟に思えるかもしれないけれど本当に感じるし、この素晴らしい作品を礼真琴主演で、この30人のメンバーで観ることが出来たことが本当に幸せだなと思う。

 

ええ、こんな感じで絶賛阿弖流為ロスなわけですが(気付いたら阿弖流為の曲口ずさんでるし初日映像は毎日5回ぐらい見てる)(相変わらず重い)

 

全員が素晴らしすぎてひとりひとりの感想を書きたいのだけれど、多分それやってたら1週間ぐらいかかる気がするので(笑)、一先ず真ん中3人についてこの記事では書いていきたいと思う。

 

 

阿弖流為/礼真琴

初日のツイートでも大絶賛しましたけれど、うーんやっぱり、琴ちゃん素晴らしかった。

原作を読んでいる時からもう阿弖流為を琴ちゃんでイメージしながら読んでいたというのもあるけれど、もう本当に阿弖流為そのもので。蝦夷たちを先導するリーダーである阿弖流為の姿が下級生の多いこのカンパニーの真ん中に立つ琴ちゃんに重なる部分もあり、本当にハマリ役だなと。

この阿弖流為という作品は、琴ちゃんの圧倒的スター性や求心力を改めて感じさせられる作品だった。琴ちゃんの空間を支配する力、観客の心を一気に惹きつける力、周りを巻き込む力を目の当たりにした。この人が真ん中ならば間違いない、この人こそ真ん中に立つべき人であると思わされる圧倒的な実力とオーラ。琴ちゃんはあまり大柄な方ではないけれど、阿弖流為として生きる琴ちゃんはとても大きく見えて、きっと蝦夷たちにとっての阿弖流為もそういう存在だったのだろうなと思った。

 

今回、琴ちゃんが1人で舞台に立ってソロを歌う場面がなかったんですよね。全部仲間たちと一緒だったり、佳奈と一緒だったり。

今まで琴ちゃんの主演作は新公含めほとんど観てきましたが(新公ナポレオンだけ観ていない…)、琴ちゃんは実力があるから1人で舞台に立ってもちゃんと成立させることが出来る人。でも実力が抜きん出ていることによって、逆に独りよがりな舞台に見えてしまうこともあるなと思う時もあった。

けれど今回琴ちゃんが1人で舞台に立つことがほとんど無くて、ソロを歌う時もいつも周りに誰かがいて。それが大野先生の意図かどうかはわからないけれど、周りと協調するお芝居、というのを琴ちゃんが学ぶ機会だったのではないかと私は感じた。

この作品での琴ちゃんは、実力が抜きん出ていることに違いはないけれどそのことで周りから浮くことはなく、きちんと周りを巻き込んで全体を引き上げているような、そんな感じでした。もうすっかり頼もしい上級生なのだな、と(凄く上から目線ですが)思った。「舞台は1人で作ることができないと改めて実感した」と挨拶で言っていた琴ちゃん、きっとこの作品で得るものはとても大きなものだったのではないかと思う。

そういう意味でも今このタイミングで琴ちゃんが『阿弖流為』という作品の主演を務めたのはとても大きな意味があったと思うし、琴ちゃんにとって間違いなく代表作の1つになるであろう作品だと思いました。

 

あと、琴ちゃんの香り。おそらくお香だと思うのだけれど、阿弖流為が登場するたびに舞台からふんわりと漂ってくる、客席降りの時にはかなりハッキリと香る、琴ちゃん阿弖流為の香りが凄く好きでした。北の大地を感じさせる優しくて柔らかで心安らぐどこか懐かしい香り。舞台の情景を思い出すたびに一緒にその優しい香りも思い出します。とても素敵な香りだったなあ。

 

 

 

 

*佳奈/有沙瞳

 くらっちもとても良かった。

ソロが本当に素晴らしくて、佳奈の抱える心の葛藤や過去の辛い記憶がひしひしと伝わってきた。歌が上手いのはもう言うまでもないけれど、それ以上にくらっちは表現力が本当に素晴らしいと思う。くらっちのソロは2曲とも毎回号泣だった。

阿弖流為との場面での乙女全開な佳奈は本当に可愛かった!あと最後のデュエダンでの幸せそうな表情が忘れられない。純度100%の本当に幸せそうな笑顔、見ているこちらまで幸せな気持ちにさせてくれる。可愛かったなあ。

本編ラスト、田村麻呂の訪問〜阿弖流為との再会の場面のくらっちの表情が本当に切なかった…。阿弖流為に向けるあの笑顔も切なくて、これからつらいことが沢山あると思うけれど星丸と共に阿弖流為の心を継いで強く生きていってほしいと思った。

 

くらっちは強くて凛々しい女性を演じるのがとても上手いなあと思っているのだけれど、柔らかな雰囲気を出すのもとても上手いから佳奈はとてもハマリ役だったと思う。佳奈がくらっちで良かった。

 

 

坂上田村麻呂/瀬央ゆりあ

瀬央さんの大躍進っぷりが凄かった。

もう一度言います

 

瀬央さんの大躍進っぷりが凄かった!!!!

 

私スカピン始まる前くらいまでずっと「瀬央wwwwww」って感じだったのに今はもう「瀬央さん…」って感じだからほんと瀬央さん怖い。

 

田村麻呂、本当に素敵だった。私はもともと瀬央さんのあたたかくて人間味溢れるお芝居が大好きだったので、原作を読んでいる時から絶対田村麻呂は瀬央さんにピッタリだと思っていて期待しかしていなかったのですが、その期待を上回る素敵な田村麻呂だった。

まず見目麗しい。あの美しい朝廷服に負けない美しいお顔。突然白装束にズドーーーンって感じのストレートヘアになった時は少し笑ってしまいそうになりましたが(ごめん)、顔が美しいのでオッケー(何が)。そして声がいい。瀬央さんの声って本当に聴き取りやすいし耳にすっと馴染む声で、良い声だなあと思う。

 

そして何より存在感、オーラが凄かった。

瀬央さんのことは新公学年の時から注目していますが、その当時からお芝居をする相手との距離感を取るのが上手いなと思っていました。凄く相手のことを生かすお芝居をする人だなぁと。でもそれって、押し出しが弱いとも言えるんですよね。RSGでさゆみさんも言っていたけれど瀬央さんって凄く気遣いの人だと思うから、それがお芝居にも出てるのだと思います。もちろんそれは凄く良いところでもあるけれど、もっともっも自己主張しても良いのではないかと思うところもありました。

それが今回の田村麻呂という役ではとても良くなっていて。すごく堂々としていて存在感が凄かった。朝廷軍を率いて真ん中で踊る瀬央さんの姿はとても大きく見えた(琴ちゃんの時も同じこと言ってるな私…)。押し出しの強さに加えて魅せ方がとっても良くて、自信が漲っているように見えた。

今回のこの田村麻呂を観て、近い将来瀬央さんがバウホールの真ん中に立つ日が来るだろうなと思ったし、その姿を絶対観たいと思いました。

 

田村麻呂さんの好きな場面はいろいろあるけれど、私はやっぱり河内の牢の場面から本編ラストにかけてが1番好きだし見所だなあと思う。

そこまでの場面でも十分すぎるくらい泣いているのに、瀬央さんの演技が追い打ちをかけてくるんですよね…。あそこの瀬央さんの表情はほんまにダメなやつです。泣くしかない。阿弖流為、母礼との場面も、飛良手との場面も、佳奈と星丸との場面も、もう全部泣く。星丸に対する優しすぎる表情、佳奈と阿弖流為を見る笑顔、田村麻呂にとって生きていると思えた時間は本当に阿弖流為と戦っているときだけだったのだな、この人は戦いには勝利しても全てを無くしてしまったのだなと、とても辛くなります。

あたたかくて器が大きくて漢らしくて、瀬央さんにとってもピッタリな役だったなあと改めて思うし、瀬央さんが演じるからこそより素敵な田村麻呂になったのだなと思う。本当に素晴らしかった。

 

阿弖流為との一騎打ちも息ピッタリ、同期ならではの迫力で、もうまじで配役考えた人天才だな?!と。

本心としては、阿弖流為と田村麻呂の関係性をもっと深く描いてほしかったですが!うん。しょうがないか。

 

フィナーレで肩組んで頭ポンポンしたりしてるのとっても可愛くて、ことせお尊いなっておもいました。この2人の息ピッタリのお芝居が好きなので、鈴蘭や阿弖流為のような敵同士も良いけれど、タッグを組んで事件解決!みたいなそういう作品も観たい(語彙力)。上下関係のあるやつじゃなくて近い年齢の設定ね!!観たいなあ、劇団さんお願いしますね!

 

 

 

というわけで真ん中3人の阿弖流為感想でした。次は母礼について1つの記事を書くかもしれません…母礼について書きたいことが多すぎて……。

 

ひとまずここまで読んでくださった方はありがとうございました!次の記事もまた読んでくださったら嬉しいです。

星組『阿弖流為』初日備忘録

何ヶ月も前から楽しみにしていた『阿弖流為』。初日を観劇してまいりました。もうまず好きな人しかいないし、下級生に至るまで活躍しているし、適材適所な配役だし、みんな上手いし、目が足りなかった…!こっちゃんを中心に凄くまとまっていて、舞台の熱量がすごかったです。その熱量は客席まで伝わってきて、客席を巻き込んで、劇場全体の一体感が凄かった。心地よい空間でした。

鳥肌が終始止まらなくて、泣けて、この舞台を観れて幸せだなあと。

 

備忘録として、昨日のツイートを貼り付けます。

 

 

あとツイートはしてないのだけれど、かなえちゃん御園の格好良さ、、、!!!!ほんっとうにああいう役似合うね。もう完全に男。イケメンすぎますかなえちゃん。

 

 

あと、昨日の阿弖流為ナウオンもリアルタイムで見たのですが…あやなさん( ;  ; )( ;  ; )あやなーーーーー( ;  ; )ってなりました…。

 

 

はぁ、もう。良い子すぎて。天使かな???

あやなさんのことがさらに好きになったナウオンでした。ありがとうございました。

 

 

ナウオンを見てもっと注目して見たいポイントが出来た!早く次観たい!!!昨日の余韻が抜けなさすぎて、すでに阿弖流為ロスな私です(まだ始まったばかりですよ…)

星組『THE SCARLET PIMPERNEL』②(ピンパーネル団篇)

まずはスカーレット・ピンパーネル大千秋楽おめでとうございました。良い千秋楽だったようで、私は観に行けませんでしたがレポを読んで幸せな気持ちになりました。3ヶ月間あっという間だったなぁ。何はともあれお疲れ様でした!

そんな昨日で終わってしまったスカピンですが、余韻に浸りつつ前回の続きを書きたいと思います。

 

 

*ピンパーネル団

はい。きましたスカピン団。みんな大好きスカピン団。今回のスカピン団、途中加入の6人の元気で若くて何も考えてなさそうなアホさ加減がとてもとても可愛くて、デュハーストとフォークスというお兄さん2人にあたたかく見守られている感がとても好きでした。中学生かよっていうぐらいの元気さな。かわいい。

 

・アントニー・デュハースト/壱城あずさ

すごく素敵でした。唯一パーシーと対等に話せてパーシーのことを一番理解しているデュハーストは、しーらんにピッタリだった。パーシーとデュハーストの関係がさゆみさんとしーらんの関係性と重なるところがあってすごく感慨深いものがありました。

恋人はるこちゃんを見つめる視線の優しさたるや、観ている私までときめいてしまうほど。愛おしい気持ちが伝わってきて素敵だった!!

そして洗濯女に扮したときの可愛さな、、、いつも天希くんとわちゃわちゃしてて本当に可愛かった。天希絶対好きになってる。間違いない。

 

・アンドリュー・フォークス/天寿光希

「色男」と呼ばれるのが相応しい天寿さんのフォークス。美しすぎたよね。天寿さんほんとこういうコスチューム物似合うわ。

結婚式の場面で、シュザンヌが現れたときの天寿フォークスの動揺っぷりと喜びが大爆発している感じがとても可愛い。その後に上手から下手にダッシュしてお母様にご挨拶、その後踊りに誘うフォークス、ほんと結婚してください。

穏やかで常に周りを俯瞰している落ち着いた感じが本当にすてきで、しーらんデュハーストとの対比も良かったなあ。少し抜けてるところも可愛い。天寿フォークスさんは結婚したいNo. 1です。ありがとうございます。(何が)

あとしーらん同様洗濯女似合いすぎだろう?!天寿さんほんと可愛い。去り際にウインクしたり投げキッスしたり、ああもう可愛い抱きしめたい、、っていつも思ってた。(変態)

 

・オジー/十碧れい

ほんっとかっこかったですオジー。何にも考えてなさそうなところがとても良い。(失礼)アルマンが加入するときに「あいつ怪しくないか?」って言って不信感丸出しの顔で距離置いて立っているのも自分もさっき加入したばっかだろどこから目線だよって感じでとても好きです。これはスカピン団トークが放送されたあとから注目して観ていた場面なのですが、本当に面白いんですよ(笑)本当にどこから目線やねん、って全力でツッコミ入れたくなります。好きです。

マニアックなポイントですが、死の都へ向かうときの背中が超かっこよくて大好きでした。マント翻してズンズン歩いていくポコちゃんの背中のかっこよさ。多分マニアックすぎて共感得られないと思うけど。

黒髪ポコちゃん大好きなのでフィナーレの男役群舞の格好良さに死にました…。

 

・エルトン/麻央侑希

脳みそ筋肉で出来てます!な麻央エルトン、とっても可愛かった。最初の図書室の場面で言う「…早いなぁ」は麻央エルトンだからこそ言える台詞だと思う。空気の読めなさが最高。あのゆるゆる加減が普段の麻央に重なって超面白かったです。「おいエルトン空気読め!!」って言ってるベンも最高に好き。お前が言うな感が最高。(話逸れた)

大団円でパーシーとマルグリットが仲直りしているのを見て大号泣している麻央エルトンの可愛さがすごかったです…。東京に行くにつれ泣き出すのが早くなっていて、最後はフォークスとオジーに「おまえ泣きすぎだろ〜!!」って言われているのとても可愛い。図体でかいのに泣き虫なエルトン可愛い!

りらちゃんとの身長差カップルもとても可愛かった!!

 

・アルマン/瀬央ゆりあ

瀬央さんねー、本当にちょっと格好良すぎたよね。初見のとき観終わってからの第一声「…瀬央さんやばくね?!」だからね。ヘタレだったはずなアルマンがあんなにかっこいいなんて聞いてない!!って感じでした。今回はヘタレなアルマンじゃなくて男らしいアルマンで役作りしてほしいという意向だったのね…しんどかったです…

「姉さん!」って言って駆け込んでくるときや図書室で盗み聞きしているときの子犬感と、マリーと接するときの男らしさとのギャップに見事に殺られました。瀬央さんのハグの仕方めちゃくちゃイケメンだから…いつの間にあんなにかっこよくなったの…?瀬央のくせに…!!

あとショーヴランに拷問されるときのリアルさが本当にすごかった。ムチは本当に打たれているように見えたし、腹パンされたときのむせ方のリアルさ、あれ凄かったなあ。同期だからこそのリアルさだったのかしら。凄かった。ことせおのあの絡みに非常に萌えました、ありがとうございました(合掌)

あと洗濯女の鬘の似合ってなさは本当に最高でしたねwせおwwってなったよね。千秋楽前に鬘変えて、まぁ確かに多少は可愛くなったとは思うけど大して変わってなかった。デュハーストに女装いけてるかのチェック受けてる瀬央アルマンめちゃくちゃ可愛かったです、似合ってないけど。(失礼)

瀬央さんに関しては語ると長くなるのでここら辺にしておきます。総括、アルマン最高に可愛かった!

 

・ファーレイ/紫藤りゅう
スカピン団トークを見るまでは、ファーレイは新加入メンバーの中でも一番頭が良くて落ち着いていて文化系だと思っていたのですが、ちょっと違っていた。文化系なのは合ってたけど、頭は別に良くなかった(笑)大事な話ししてる場面で「彼女とのオペラも」って言えちゃう若干の空気の読めなさ、可愛い。炎の中へでお尻叩かれただけで「うう〜痛い〜」って声が聞こえてきそうなくらい運動音痴なファーレイ可愛い。結婚式でベンにやすやすとマルグリット奪われるファーレイ可愛い。
ファーレイはしどりゅーの優しさといい人感がとても滲み出ていてすごく素敵でした。しどりゅーだからこそ演じられたファーレイだったと思います。

 

・ハル/綾凰華
アルマン除いてスカピン団メンバーの中で最年少なハルくん。弟キャラハルくん。とってもとっても可愛かったです。終始可愛すぎた。
炎の中へリプライで自分のパート歌い終わった後にオジーに「よく言えたな!えらいえらい、大人になったなあ!」って感じで頭よしよししてもらってるハルの子犬感。可愛いしかない。なんかもうとりあえず顔が可愛い(知ってた)
そんな可愛いハルくんですが、恋人サリーちゃんの前ではドSな王子様になるのつらすぎません?小桜茶レポ読んであやなさんの少女漫画に出てくる王子様っぷりに萌えすぎて砂吐いた。「いつも俺からキスしてるからたまには君からもキスしてよ」ってなにそれーーーーーーむりーーーーあやなさん無理ーーーーーー(死)
我が家の場面で、ほのかちゃんがいろいろ伝えようと必死にお話ししているのを優しい笑顔で見つめるあやな、ほっぺにチュってして恥ずかしくなって逃げるほのか、その後を追って後ろから抱き締めて耳元で囁くあやな…しんどいですね。(役名で言え)
耳元で囁くのえろすぎて、あやなーーーーー(死)って毎回なっておりました。客席でガン見していたよ!!!可愛い顔して男見せるのずるい!!!好き!!!
……えーっと、長くなりそうなので次に進みますネ。

 

・ベン/天華えま
またまた長くなりそうな予感しかしないぞ☆
遊び人のイギリス貴族代表・ナルシストベン(26歳)。ぴーすけ大好きなのでほとんどの場面ベンを観ていたのだけど、徹底したチャラ男っぷりナルシストっぷりで本当に最高でしたありがとうございました。
上述しましたが結婚式でファーレイからマルグリットを奪ったあとにドヤ顔でシッシッてファーレイを追い払ったり(最低)東京では無くなっていましたが「君は世間からどう思われている?」って聞かれてキザなポーズとったり、「今週中にはパリへ発つ」って言われてキャンセルしなければいけない予定を指折り数えたり(全部女の子との予定)、炎の中へでみんなが必死に特訓している中乱れた前髪を即座に整えたりずっと前髪を気にしていたり(ちゃんと特訓して)、オシャレの場面で「神様」というワードに反応して十字切ってデュハーストに怒られて、自分が悪いのにオジーの後ろに隠れて「デュハーストが怒ってくる〜怖いよ〜」って指差して訴えたり、シャルル救出の場面で自分何もしてないのに「大丈夫かぁ〜はい早く運べ運べ〜」って無責任に言ったり、語り出せばキリがないのですが本当にベンってなかなかのクズで最高。大好きです。
11歳差のポリーちゃんともラブラブイチャイチャしていて(他にお友達は沢山いるらしいけど)、終始砂糖菓子のような甘さで客席で悶えておりました。結婚式でポリーのズレたネックレスを首に手を回して直してあげたり、我が家の場面ではおでこコツン、ほっぺむぎゅ、などなど毎回違ったことをしていてほんっと無理でした。ポリーちゃんにキスしようとして顔近づけるぴーすけめっちゃかっこいいから……客席で毎回死んでた。スカピン公演中私何回死んでるんだろうね?みんながかっこよすぎるのが悪いよね(責任転嫁)
ベンについても本当に語り出したら止まらないので自重しますね。十分長くなりましたが!


…スカピン団だけでかなりの文字数を使ってしまった。スカピン団全員キャラ立ちすぎて個性強すぎて、毎回観るのが本当に楽しかったです。そして何よりビジュアルが最高。どこを観てもイケメンしかいない。ツヨすぎ。このメンバーがピンパーネル団で本当に良かったなと心から思います、イケコありがとう。

だいぶ長くなってしまったのでこの記事はここで切ります、スカピンは書きたいことが多すぎてついつい長くなってしまう。他にも書きたいことがあるので、次の記事で書けたらいいなと思います。

ここまで読んでくださった方、お付き合いくださりありがとうございました!次も読んでいただけたら嬉しいです!

 

星組『THE SCARLET PIMPERNEL』①

もうすぐ公演が終わってしまうというのに今更になってブログを書きます。もうすぐというより明日ですね…。早かったなあ〜、ムラの初日からあっという間だった。

自分の備忘録用ブログとしてこの記事を書きます。長くなると思いますが読んでくださる方は最後までお付き合いいただければうれしいです。

 

私は初演のスカピンが大好きなので正直今回の再演が決まったときは「大丈夫…?」という気持ちの方が大きかった。ファンの方々に怒られることを承知で申し上げますが、さゆみさんとあーちゃんは歌が特別上手いという印象はなかったので(下手とは思っていません、特にさゆみさんは公演ごとに上手くなってるなと思っています)あの数々の難しいナンバーを歌いこなせるのだろうかという不安がありました。

けれどそんな不安は杞憂で、2人ともとても頑張っていて、他の星組生の歌もとても良く、そしてコーラスが本当に良かった。民衆の人たちが歌う場面は毎回鳥肌が立ちました。本当に素晴らしかった。

 

今回台詞も少し変わっていたり、ロペスピエールの歌が増えていたり、変更点が多々あったので新鮮な気分で楽しむことが出来ました。スカピン大好きすぎてめっちゃ通った。やっぱりスカピンは曲が最高だし、ストーリーもハッピーエンドで本当に素晴らしい作品だなと改めて思いました。

 

 

*パーシヴァル・ブレイクニー/紅ゆずる

さゆみさんのパーシーは、とても人間味が溢れるパーシーだったなと思う。パーシーは正義感が強くてカリスマ性があって、明るくて頭も良くて常にみんなの中心にいる完璧な人物のように思えるけど、実際は「恋の前では少年のようだった」というデュハーストの台詞にもあるように、少し夢見がちというか、弱い部分も沢山持った人物だと思います。さゆみさんのパーシーはどちらかというとパーシーの弱い部分が前面に出ているような気がした。繊細で脆くて、そういう自分の弱い部分を明るさで隠そうとしているようなパーシー。そういう意味で、とても人間味溢れるパーシーだったなと思います。

 

マルグリットととの場面が特に良かった。彼女への気持ちの変化がさゆみさんのお芝居にはすごくよく表れていた。

結婚式の場面でマルグリットが歌っている時に本当に幸せそうな表情で頷いたり、「あなたを見つめると」を歌うマルグリットをとても苦しそうな表情で見つめたり、細かな表情のお芝居からパーシーの気持ちが痛いくらい伝わってきた。そして最後の「目の前の君」は本当に最高に良かった。毎回この歌でパーシーの心が真っ直ぐに伝わってきて、気付けば涙していました。

 

だからこそ、これほどいいお芝居をされる方だからこそ、アドリブのやりすぎや受けを狙った芝居には心底残念な気持ちです。ムラも凄かったですが、東京に行ってから更に酷くなったなと…。ほとんどの場面で受けを狙っているように見えてしまって、それが作品の世界観を壊しているような気がした。ツイッターでいろいろなツイートを見かけたけれど、本当に思うのは、さゆみさんは他にもたくさん魅力があるのだから別に必死に笑いを取りに行かなくてもいいんだよ、ってこと。さゆみさんの魅力を、さゆみさん自身が隠してしまっているような気がしてとても残念です。

さゆみさんにとってパーシーはとても思い入れのある役だと思うし、だからこそ期待以上のものを作らなければ、っていうプレッシャーがあったりしたのかなあ。その辺の詳しいことは分からないので適当なことあんまり言えないのだけど…。

個人的にはすこし残念さが残ってしまったパーシーでした。

 

 

*マルグリット・サン・ジュスト/綺咲愛里

まずは、あのマルグリットの難しい曲を歌いこなしていて凄いと思いました。あーちゃんは地声が落ち着いた声だから、マルグリットみたいな大人の女性の声の出し方が合っているのかな?すごくよかった。顔が可愛いのでマルグリットっぽくないなあと思っていたのだけど、メイクもいつもとかなり変えて大人っぽく作っていて、気の強いしっかりした大人の女性に見えた。あとやっぱり可愛いから、かつてはパリ随一の女優だった、っていうのが説得力があってとても良い。ドレスも全部似合ってた!

大人っぽい中にもまだ少女らしさの残る可愛らしいマルグリットだった、細かい表情の動きがあーちゃんもとても良かったです。

 

 

*ショーヴラン/礼真琴

なんかもうね、さすがとしか言いようがないです。本当にどこまで上手くなるんだこの人は。

初演を初めて観たとき、私はパーシーよりもショーヴランの方が印象に残っていたんですね。ちえさんのショーヴランが本当に素晴らしくて、はまり役で。ちえさん自身にとってもこの役は大きなターニングポイントだったと思うのですが、ちえさん大好きなこっちゃんにとってこの役を演じるということは本当に大きなプレッシャーだったと思います。やっぱりちえさんのショーヴランはそれほどまでに鮮烈な印象だったから。正直私も観る前は、いくらこっちゃんが上手いとはいえショーヴランはちえさんと比べてしまうだろう、ちえさんが頭の中に浮かんでしまうだろうと思っていました。

けれど、そんな心配は礼真琴という男役の前では不要でしたね。ちえさんのコピーではなく、しっかりとショーヴランという難しい役を理解して自分なりの解釈で作っていて本当に素晴らしかった。マルグリットへの愛が痛いくらい伝わってきて、とても共感できるショーヴランだった。

歌声も今までの発声方法とは変えたのかな?ショーヴラン用に声を作ってきたという印象を受けた。あの響き渡る低音、さすがとしか言いようがない。こっちゃんは低音でも歌詞がクリアに聴き取れるんですよね、本当にすごいと思う。音域広すぎ。知ってたけど。ことちゃんの歌に劇場が包まれるときの多幸感半端ない…。

マダムギロチン、鷹のようにでの気迫とは一転して、君はどこにでの切ない歌声のギャップ。こっちゃんの君はどこには本当に最高だった。ショーヴランという役はこういう解釈もありなのか!と思ったし、私はこっちゃんの解釈でのショーヴラン、とても好きです。いい意味でとても普通の人だなぁと。裏町のドブを見て育って、貴族に蔑まれて生きてきて、ずっと彼らに復讐することだけを考えて自分の力だけを頼りに這い上がってきたのだろうなという感じがすごく伝わってきた。マルグリットに執着するのも、多分彼が初めて本当に愛した女性だったからなんだろうなぁ。ショーヴランにとっての女はマルグリットただ1人なんだと思った。だからこそ「あなたを愛したことはない」って言われた後のことショーヴランの表情が本当に見ているのがつらかったよ…かわいそうに…。マルグリットとの過去のドラマを色々想像してしまうショーヴランだった。

こっちゃんに関しては語っても語りきれないのでこの辺にしておきますが、あとひとつ言わせてください。フィナーレのこっちゃんのソロダンスが最強にかっこよかった!!!なんかこっちゃん見てると1人だけ振り違うのかな?って思うよね。音ハメが本当に細かくて、もうあれは天性のものなのだろうな。あと(まだあるんかい)、パーシーとのフェンシングは運動神経の良さが大変伝わってきました。動きが軽い!さすがとしか。

ことちゃんが演じるショーヴランを観れて良かったなと心から思いました。

 

 

ロベスピエール/七海ひろき

。どこから見ても、360度、美。

革命が成功したのはその美貌があったからでは?って思ったよね。歴史を動かせるくらい美しいロベスピエールだった。美しすぎて怖かったです。メイクも青白くて(観るたびに顔色悪くなっていっていた)冷酷さが溢れ出ていた。指先まで美しかったよ…。一幕最後の紗幕後ろの七海さんの美しさ皆さん見ました?彫刻かと思いますよ。美しすぎて。

七海さんのロベスピエールはとても感情移入してしまうロベスピエールだった。今までの血も涙もないような残酷なロベスピエールではなくて、ちゃんと人間らしい、色んな想いを抱えたロベスピエールだった。ロベスピエールの背負ったドラマをすごく想像してしまうんですよね。それはソロが増えたことも関係していると思うけれど、やっぱり七海さんの役作りの深さかなあ。

なんといっても栄光の日々のロベスピエール。「あの夏の俺たちは連帯していた、握り合った手の熱さ忘れない」という歌詞にのせて、自分のことを見つめる民衆に向かって手を両手を差し伸べ笑顔を浮かべるロベスピエール。そしてそこから一転して権力が揺らいで自分のもとから離れていく民衆を見て、徐々に笑顔が消えて今にも泣き出しそうな表情になる。この一連の流れ、ロベスピエールが描いていた理想や革命の夢、自分の全てを賭けてきたもの、信じてきたものたちがぽろぽろと指先からこぼれていくようで、観ていて本当につらくなる。自然と涙が出るんですよね。慟哭しているときもあって、思わず抱き締めたくなるんです。大丈夫、私は信じてるよって。そしてその後ギロチンの後ろに回って背中を向けるのですがその背中が今にも消えてしまいそうなくらい儚くて。無慈悲に何人も処刑台に送ってきたロベスピエールもひとりの人間なのだなと思うし、彼はきっと自分が間違っていることに途中で気付いてしまったのだと思うけれどもう引き返すわけにはいかなくて、そうすることでしか自分は生きられないと思っているのだろうなと。切ない。

こういう風にロベスピエールの背負うドラマを色々想像してしまうのも、七海さんの丁寧な深い役作りがあるからだと思うし、やっぱり私は七海さんのお芝居が大好きだなあと改めて思いました。ベルばらぶり?の銀橋ソロも素晴らしくて、ああまた大きくなって戻ってきてくれたのだなと思って泣けました。

あとフィナーレでスモーキーメイクに赤リップを塗ってにっこり笑っている閣下の美しさには平伏しました…。死。

七海ロベピ、最高に素敵でした。

 

 

主要キャスト4人を語るのにめちゃくちゃ文字数も使ってしまった…。まだまだ書きたいこといっぱいあるのに!!!スカピン団とかスカピン団とかスカピン団とか(こちらも長くなる予感しかしないですね)。

というわけで一旦ここで切ります。読んでくださった方ありがとうございました!

 

頑張って続き書くぞ〜

宙組『A Motion』

先日行ってまいりました、朝夏さんのめちゃモテコンサート!スチール写真と初日レポでもう期待しかなかったのですが、想像以上に楽しかった!!えっこんな歌上手かったのこの子!とか、あんなに踊れるなんて知らなかった…!とか、下級生まで見せ場がたくさんあるので新しい発見が出来てとても嬉しかったです。適材適所とはまさにこのこと。みんなが存分に魅力を発揮できていて、ほんとうに楽しそうで、それも真ん中に立つ宙組のエース朝夏さんのお人柄のおかげなんだろうなあと思いました。

幕開きがアニメから始まったり、ヨシマサワールド全開だなおいwwwって感じだったのですが、観終わった後はヨシマサまじありがとうな……って思いました。ヨシマサの演出は生徒への愛が伝わってくるので好きです。自分のしたいことやってる感じもあるけど(笑)完全にこちら側なので、観たいものを見せてくれるなぁと改めて思いましたね。需要と供給の一致。誰も傷つかない。ピースフルワールド。ありがとうヨシマサ。


ものぐさ人間なので、安定のツイート貼り付けプレイを行いますね!




















あとツイートはしていないのですが、春瀬央季が安定の俺様かなこ様でオペラ泥棒でした。ほんとあの人怖い。オラオラしてた。とりあえず俺の投げキッスが欲しいんだろ?やるよ!(適当な投げチュー)って感じのかなこ様のファンサ。最高ですありがとうございます。スタイル良いからスーツが最高に似合っておりました。ハットから覗く片目…口元…えっろ……!!!


みんな本当に輝いていて素敵で、他にも書きたいこといっぱいあるのですが長くなりそうなのでやめます。笑

メンバーが最高すぎて目が足りなさすぎたし、宙組やっぱり楽しいな!!!ってなりました。もう一回行きたかったなあ。でも観れてよかったほんとうに!楽しかった!


朝夏さん、そして宙組のみなさま、素敵なコンサートをありがとうございました!!大好きだ〜〜!