読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはまるで儚い夢のように

拗らせヅカヲタの戯言

星組『Dear DIAMOND‼︎』

観劇レポ 星組 宝塚

少し間が空いてしまいましたが、前回に引き続きショーの感想。後半になるにつれテンションが高くなります、ご注意ください。


まず幕開き、リベルタンゴ。超〜〜テンション上がった!!かっこいい!ショーで男役と娘役が濃厚に絡むの凄く好きなので、このリベルタンゴはほんとテンション上がりました。まぁ十碧れいやさんと礼真琴さんを主に観ていたわけなんですけれど、二人とも種類の違う色気を放出してて怖いね!決めポーズのときにポコちゃんが相手役の紫月音寧ちゃんを持ち上げたまま停止しててカッコよすぎたよね。絶対相当腕の力いると思うんだけど、それを顔に出さず優しい微笑みをたたえて娘役さんを見つめてるのね…ポコ様……。あとポコちゃんの色気の要因は前髪だと思いました、あの垂らした前髪から色気が放出されているわけですよ。みーさま(OG春風弥里さん)を思い出した…。
琴ちゃんは、お芝居とは一転してすんごいキメキメで超カッコいいんだけど、油断してるとキラースマイルきめてくるから怖い。あの笑顔は反則だと思うよ!ことはるこって凄く相性良いよね、二人の妖艶な雰囲気すごくすてき。天寿さんとゆあちゃんのスカナビコンビも息の合ったタンゴを魅せてくれてました。

その後の歌い継ぎ、大介先生のショーって感じですごく好き!やっぱりプロローグからクライマックスぐらいの盛り上がりだと、客席も熱くなるしグッと心を掴まれて良い。こういう魅せ方本当に上手いな〜と思う。無条件にテンション上がるよね!!昨日の観劇でポコちゃんと琴ちゃんを頑張って一緒にオペラに入れようとしてたら、不意にど真ん中に天寿さんが入ってきたのだけど、その色気に思わずオペラ外しましたよね。危なかった。あれずっと観てたら死ぬやつ…。


次のちえちゃんのドアボーイ、もう可愛くて可愛くて可愛い!(語彙力) 大トップスター様なのにあの可愛さって、そりゃあ好きになりますわ…。あとねね様のゼブラ柄のワンピースに蛍光緑のファーのスヌードのようなものね、あれ着こなせるのねね様しかいませんよね、リアルバービーかよ!!!
その他の話になると、例のごとく上のお二人の話しかしないと思うので、飛ばします。まぁひとつ言うと、リベルタンゴから一転して満面の笑顔でディキシーランドジャズを踊る某十碧さんと某礼さんが可愛くって仕方なかった。(某の意味なし)


そして次のさゆみさんのドラキュラー!!この場面が、好きすぎて。さゆみさんがもともと持っているミステリアスな妖しい雰囲気がドラキュラにとても合っていて本当に素敵。森のセットもすごく美しいし、何よりデビルの娘役ちゃんたちがみんな可愛いんだ…。中でもさゆみさんを襲うあーちゃんの可愛さは群を抜いてる。白いお衣装が似合いすぎ。時折見せる妖しい微笑みと、天使すぎる表情との差が大きくてゾクッとした。可愛いは正義…。
あと真彩ちゃんもすっごくいい表情をしてる、本当に可愛い。


そこからの、琴風きたーーー!風ちゃんの嫁入り前の琴風( ; ; )琴風好きだ( ; ; )何と言っても礼さんが風ちゃんのほっぺたをツンってするところですよね、ええ。オペラ投げそうになったわ(萌えすぎて)。可愛いよ〜琴風最高に可愛いよ〜

そして何と言ってもあや様ですよね。何という美しさ、妖艶さ。暗髪ロング、っていうのも本当にご自分のことをよく分かってらっしゃる…。しかし全員が銀橋に出てきたときの迫力はさすが男役だと思った、特に天寿さんとか女役しててもカッコいいもんね?(女役似合わないとか思ってませんよ?!思ってないですってば!)

そのあと銀橋歌い継ぎなわけですが、真風の衣装が野菜の美味しさを伝えるお兄さんっぽいというツイートを初日に見えしまって、もうそれにしか見えなくて笑いを堪えるのに必死でした…。ポコあーのピンクコンビも可愛かったし、まさこはるこの身長差コンビニも超萌えた、のですが、私はやはり舞台の高いところにいる五人が気になって仕方なかった…。(主に礼瀬央紫藤あたり)(ただの俺得) あと麻央のダルマの迫力。スタイル良すぎ。初めて見たとき笑ってしまったのは内緒で。

二回目の観劇のとき、ちょうど前が通路の席(二階)だったので真ん前をちえちゃんが通っていったわけですが、凄くよい香りがしました…。小心者の私はハイタッチ出来ませんでした、手も出せなかった。何やってたんだマジで、あの時の自分…。


ロケットが終わってから、真彩ちゃんが一人舞台に残ってソロを歌い上げていたのに感動。本当に綺麗な歌声で、ずっと聴いていたい。
そのあと三組のカップルのデュエダンなわけですけれど、ここの娘役陣がねね様・あーちゃん・琴ちゃんというのはアレですか、最後にちえことでデュエットをさせてあげようという大介先生の配慮ですか?…大介良くやった。(どこ目線) 琴ちゃん嬉しいだろうなあ。しかし最後の花道での決めポーズがさゆことカップルが一番アダルティーなのはどういうことなんです?あの雰囲気おかしいね…?


そして次の場面から、もう感動しっぱなし。「あなたに焦がれ」「あなたに育まれ」「あなたを愛し抜いた」ちえさんに向かってそう歌い掛ける、さゆみさん、真風、ねねちゃん。この歌詞がもう、ね。こんなの泣くしかないじゃない…?星組子全員が、ちえさんに向かって歌い掛けていて。皆に愛され、慕われていたトップさんだったのだなあと改めて実感しました。
そして、ちえさん作詞の「たからづか」。真っ直ぐな歌詞と、ちえさんのあたたかな歌声に、涙腺崩壊。

悩んで苦しんで立ち止まり
前に進めない時もあった
でも立ち上がり 前に進み出すのは
自分しかできなくて

いろいろ辛いことも苦しいことも経験してきたちえさんだからこそ書けるこの歌詞。今までのちえさんの努力を思い涙が溢れる。

本当に熱くて熱くてほほえんじゃうぐらい
最高の場所だった

これを言うちえさんは本当に晴れやかな笑顔で。今までお疲れ様でした、素敵な夢をありがとう、とそんな気持ちになりました。

ちえさんが歌う後ろで踊る退団者の方たちがまるで銀河の中にいるようで、儚くて美しかった。どの方の顔を見ても本当に幸せそうで…。もうね、こんなの見せたれたら駄目ですよ、泣きますよ…。


黒燕尾。本当にスタンダードな黒燕尾で、とても美しいと思った。ちえさんを中心にして、とても揃っていたし客席の集中力もすごく感じた。本当に神聖だった…。そのあとのちえねねデュエダン、ピアノの音色に合わせて踊る二人は言葉に言い表せないほど素敵で美しくて息ぴったりで、ゴールデンコンビと呼ばれた二人の最後に相応しいデュエダンだと思った。最後に大劇場で高速回転リフト観れて嬉しい…!



語彙力が無いせいで、かっこいい・可愛い・素敵・美しいという薄っぺらい感想しか述べられないのがとても悔しい…。語彙力高めます…。
本当に観れて良かった。組子全員がちえさんの卒業を盛り上げようとしているのが伝わる熱い舞台だった。とても良いショーでした。ありがとう、ちえさん。ありがとう、星組生。